MENU

INTERVIEW社員インタビュー

若手がチャレンジしやすい環境
スピーディーに経験を積み成長できる

トータテハウジング 施工管理 貞廣卓哉 新卒入社[2017年4月
出身=香川県

「間違いがない」は最低限の基準
プラスアルファの魅力を提供

 出身は香川で、広島に来るまで当社のことを知りませんでした。今ではいたるところで当社の看板を見つけて、広島の皆さんにとって身近な会社なんだなと実感しています。そんな私が当社に入社したのは、インターンシップで入社後の自分の姿をはっきりと想像できたからです。入社2年目の先輩の話から仕事内容を具体的に知ることができ、働くことが楽しいということも伝わってきました。
 希望していた部署に配属され、新築分譲住宅の現場で工程、品質、コスト、安全面を管理しています。計画と間違っていないか、求める品質に達しているかをチェックします。間違いがないのは最低限の基準。プラスアルファの魅力を提供することが、当社の品質だと考えています。
 仕事は、iPadなどIT機器を活用して効率的に行っています。自分のペースで仕事を進めることができますが、まだまだ学ぶことも多い毎日です。先輩の仕事を参考にし、上司に相談して、自分なりの方法を探っています。仕事にはいろいろなやり方があり、正解は一つではありません。それが難しさであり、楽しさでもあります。

2年目で初めての現場の挑戦
即戦力になれたことがうれしい

 当社では、若手にチャレンジの機会を多く与えてくれます。入社2年目には、それまで経験したことのないツーバイフォー工法の注文住宅を任せてもらいました。戸惑うことも多かったですが、上司に相談しながら無事完成させることができました。会社の戦力になれたんだなとうれしかったのを覚えています。このように若手にチャレンジさせる社風があり、スピーディーに経験を積むことができ、自分の成長にもつながります。
 また、施主、近隣の方、大工、各種業者など関わる人が多く、年上の方に「それは違う」と言う場面もあります。言いたくないことも言わなければなりません。その先にお客様がいるからです。大事なことは電話ではなく、できるだけ顔を見て直接お話しすることを心がけています。
 お客様をはじめ関わる方々全員に安心して仕事を任せていただけるように、知識はもちろん、コミュニケーションスキルも経験を積む中で身に着けていきたいです。

貞廣卓哉のキャリアステップ

2017年
大学で建築を学び、平成29年4月に㈱トータテハウジングに入社。建築本部に配属となり、約半年間は先輩と現場に出て雑務を担当。仕事の流れを把握し、徐々に発注、材料の拾い出しなどを任される。12月からは一人で現場へ。

一日のスケジュール

8:30
出社、現場巡回 各現場の進捗状況を確認。図面と照らし合わせて、品質を確認する。
※現場に直行する日もあり
12:00
昼休み
15:00
工程管理、業者連絡 午前中に確認した各現場の進捗状況から、必要であれば工程表を変更する。
また、各種業者の手配を行う。
16:00
事務処理 施工図面の作成や建材の発注を行う。
お客様や関連業者に電話連絡をしておき、明日に備える。
19:00
業務終了後、退社
成功への答えは一つじゃない
それが難しい、だから面白い

RECRUITING採用情報

トータテにとって働く社員は仲間であり、家族のような存在。
安心してチャレンジすることができるような社内風土を整え、
一人一人の成長を全力で後押ししています。

新卒の方はこちらから

新卒

キャリアの方はこちらから

キャリア