MENU

INTERVIEW社員インタビュー

家づくりは街なみデザイン
仕事で地域の活性化に貢献できる

トータテ都市開発 長江紀幸 新卒入社[2018年4月]
出身=広島市

自分の考えが形になる 広島の家づくり、
街づくりを描く

 学生時代から街づくりに興味があり、大学では公共制作を学んでいました。ディベロッパーの仕事は家づくりだけでなく、その先の街づくりにつながっていくことに面白さを感じて入社しました。
 事業部では、用地情報を取得し、そこをどのような宅地にし、どのような住宅を建て、街並みをデザインしていくかを考えます。仕入れた用地が工場だったり駐車場だったり、古家が残っていたりと状況はさまざまなため、現場をよく観察して、必要な工事、関わる業者を考えなければなりません。初めてのことが多く戸惑うこともありますが、自分の考えを形にでき、家を持つというお客様の人生の喜びに携われることにやりがいを感じます。また、仕事を通して広島の街づくりに貢献できることは大きな魅力です。
 携わる現場では私よりも経験も知識も豊富なプロフェッショナルばかり。どのような住宅を造るのかゴールを明確にし、進む道を決めていかなければなりません。そのためには幅広い知識が必要です。上司や先輩はもちろん、取引先や職人さんとの会話ややりとりを通じて、知識を吸収しようと日々努めています。

各社の連携が力になる
同期の活躍が刺激になる

 また、トータテグループには、住まいづくり・街づくりに関わるさまざまな事業会社があります。トータテ都市開発が企画した住宅をトータテハウジングが建築し、完成した物件の販売をトータテ住宅販売が行います。1つのプロジェクトを、グループ各社でパスをつなげていきます。
 各社に同期がいるので、仕事をする上で同期が頑張る姿や活躍している様子はとても刺激になっています。集まって仕事の相談をすることもあれば、プライベートの話で盛り上がることもあります。私にとって、同期同士のつながりはとても貴重なもの。これからも互いに切磋琢磨しながら、共に成長していきたいです。

長江紀幸のキャリアステップ

2018年
大学では公共制作について学び、街づくりに興味を持つ。
平成30年4月に㈱トータテ都市開発に入社。事業部に配属され、さまざまな開発現場を見て回る。半年後には建売住宅の企画を担当。

一日のスケジュール

9:00
出社、ミーティング 事業部全員が集まり、担当する現場の進捗状況を報告。情報を共有する
10:00
事務処理 取引業者、グループ間からの連絡を確認する。
13:00
現場での打ち合わせ、現場確認 現場で業者と打ち合わせ。
これから販売する現地、完成物件を確認する。
17:00
事務処理 現場の状況に応じて、関係各社に連絡。 翌日のスケジュール調整などを行う。
18:00
業務終了後、退社
「できない」は言いたくない
チャレンジして期待に応えたい

RECRUITING採用情報

トータテにとって働く社員は仲間であり、家族のような存在。
安心してチャレンジすることができるような社内風土を整え、
一人一人の成長を全力で後押ししています。

新卒の方はこちらから

新卒

キャリアの方はこちらから

キャリア