牛田早稲田の地で始まった新しい街づくりプロジェクト。SATONOWA ヴェルコート牛田早稲田第一期分譲がいよいよスタートしたとのことで、プロジェクトを担当してきたトータテ都市開発大里隼平さんに話を聞きました。

牛田早稲田にあった旧国家公務員宿舎とその土地をトータテ都市開発が取得したのが2016年。

その後テレビ番組で、私鉄の老朽化した宿舎と敷地を全く新しい生活の場に変化させた「ホシノタニ団地」が紹介されたことをきっかけに、それを手掛けた「ブルースタジオ」にコンタクト。

こうして「人と人をつなぐ」新しい里を創造する、これまでにないプロジェクトがスタートしました。

 

掲げられたコンセプトは、

 

愛着をもって帰りたくなる現代の「里」。
笑顔の「輪」とともに地域の「和」を育む暮らし。

 

これまでの暮らしが育まれてきた地域になじみ、暮らす日々との新たな「里」となる町づくりを目指すことになりました。

具体的には、以下のような要素が取り込まれています。

 

盆踊りも行われていた「わせだ広場」は、先輩住人と新住人、お年寄りと子どもなどが、BBQやキャッチボール、散歩など思い思いに過ごして、地域から愛され地域住人の循環を生む憩いのランドマークに。

その「わせだ広場」の活動拠点として生まれる「コミュニティハウス」は、「まちのコミュニティハウスプロジェクト」として広島女学院大学の学生が設計に関わり、産学連携を含め牛田早稲田周辺の地域交流を象徴する場所に。キッチン設備も備え、サークル活動やイベントなど人々の社交場としてのサードプレイスの役割も担います。この「コミュニティハウス」は、現在建築計画が進められており、完成が待たれます。

それぞれの熱い思いをすり合わせて歩んできた「まちのコミュニティハウスプロジェクト」の過程は、トータテ都市開発HPでもご紹介しています。まるでドキュメンタリー番組を見ているような読み応えがあるので、ぜひご覧ください。

 

https://totate.jp/project/community/

町全体のイメージづくりには、季節の移ろいを感じる遊歩道「フットパス」が大きな役割を果たしています。

各街区に設けられた歩行者専用の道は、芝生をベースに高・中・低木を配植し、田畑のあぜ道のように人が常に歩くことで雑草の繁茂が抑制され、道脇のベンチに座る人々の間で自然とコミュニケーションが生まれることを願って設けられました。

〈手前が遊歩道のフットパス。地中に雨水を感知して、自動で水を散布する装置も埋め込まれています。敷材はSATONOWAオリジナルのもので、住宅のアプローチにも用いられ、まちなみの統一感を生み出します〉

 

そんなSATONOWAに、14区画の第一期分譲住宅が完成し、分譲が始まりました。

ゆとりのあるまちなみ設計緑豊かな植栽公園やフットパスがもたらすくつろぎなどを、現地を歩きながら感じていただけます。デザインクォリティにもこだわった分譲住宅では、家具を入れたモデル住戸も設けられる予定になっていますので、ぜひチェックしてください。

暮らす人々の息吹を取り入れながら、どんどん進化していくSATONOWAの様子は、引き続きこのマガジンで追いかけていく予定です。

今後はヴェルコートならではの分譲住宅のこだわりや、完成が待たれるコミュニティハウス、地域に常に新しい風を呼び込む賃貸住宅エリア2期以降の街区などについて順次ご紹介してまいりますので、お楽しみに!!

 


SATONOWAホームページこちら

https://www.totate.co.jp/satonowa/

 

資料請求こちら

https://www.totate.co.jp/satonowa/request/

 

お電話でのお問い合わせは

トータテ住宅販売 中央情報センター

TEL. 0120-333-222

https://totate-j.jp

 


 


クイズに答えて、クオカードをもらっちゃおう。

問題 :牛田早稲田の地で始まった新しい町づくりプロジェクトは「SATONO○○」。○○に入るアルファベット2文字は?

トータテマガジンクイズに答えて、クオカードをもらっちゃおう!回答はこちらから!

先月のクイズの答え :トータテハウジング 新モデルハウスの名前は、nokiya「軒」家でした!