今月は、トータテのお客様のお店をご紹介させていただきます。

広島市西区で人気のお寿司屋さんで20年修行をされた廿日市市の上田様。いつか自分のお店を持ちたいと考え、まだ子どもさんが小さいこともあり、ご自身の実家に近い場所で将来的にお店にできる土地を探しておられました。

見つかったのは、宮園の住宅街の一画。将来的にお店に改築できるように、生活スペースを2階に集約した住まいをトータテハウジングの注文住宅で建築。その後、想定より早く順調に諸々の準備が整い、トータテリフォームセンターで店舗部分を改築して整え、満を持してご自身のお店をオープンされました。

その名も「小次郎 紀乃寿司」。「小次郎」は修行されていたお店の名前、「 紀乃寿司」はご自身の名前からつけたものだそうです。

〈店主の上田義紀さん〉

お店の自慢はもちろん、お寿司。修行先の小次郎寿司は、ボリュームのあるネタで知られる人気寿司店。その技術と目利きを学んだ「 紀乃寿司」のお寿司ももちろん鮮度の良い厚いネタが自慢です。

取材時に撮影用に握っていただきましたが、本当に美味しくて、お腹いっぱい満足になれるお寿司。シャリは奥様の実家のある世羅の契約農家さんの米を使用。この時はまだでしたが、9月の終わりからは収穫したての新米を入荷したそうです。

ますます美味しいお寿司になっているかと思うと楽しみです。

〈上にぎり1,800円〜。写真は特選にぎり2,500円〉

いずれのネタも本当に美味ですが、特にウニは感動するほど絶品でした!!

お店ではお客様の食べるペースに合わせて、少しずつ提供。土瓶蒸しも付く予定です。

横から撮影したカットなら、ネタの厚さも伝わるでしょうか。

もう一つ、このお店の特徴となるのが、デザートにケーキも楽しめること。実は奥さまは廿日市のドイツ菓子・パンの名店フェルダーシェフで10年以上修行されたベテランのパティシエ

お店の奥に小さな菓子工房を設けて、ご主人のお店を手伝う傍ら、ご自身のお菓子も提供されることになりました。

お店の一角にショーケースがあり、お持ち帰りでも店内でもいただけます。思った以上に本格的な品揃えに驚いてしまいました。

目移りしつつ、いろいろ買って帰らせていただきましたが、どれも見た目も素晴らしいのです。

このうち、ご主人がお勧めのプリン、「春番茶」を店内でいただきました。

奥さまの実家のある世羅では、今県内唯一のブランド茶として知られた「世羅茶」の再生に取り組んでいるのだそうです。寒暖の差が激しい世羅台地で育てられた「世羅茶」は、まろやかな甘味と豊かな香り、すっきりとした後味が魅力。

春番茶」は厳しい冬を越してから摘み取ったもので、カフェイン、 タンニンが少なく、子どもにも喜ばれる優しい飲み心地。その春番茶を煮出したミルクプリンの上に、春番茶のジュレを乗せたダブルで美味しいデザート。紅茶のような爽やかな香りのジュレと、とろとろのミルクプリンは、どちらも甘さ控えめで、お寿司をお腹一杯食べた後でも、ぺろりと別腹に入りそうです。

〈季節のショートケーキの他、お店イメージカラーのグリーンの紀乃ロール(600円)もあり。右が春番茶(300円)〉

お寿司は店内・お持ち帰りとも同じ価格設定。

ケーキもテイクアウト他、バースデーケーキなどオーダーケーキにも対応してくれます。

地域の晴れの日には欠かせないお店になりそうですね。

お寿司もケーキもぜひ食べてみていただきたい、本当に美味しいお店。

9月23日(月)からお持ち帰りのみの営業が始まっており、10月1日(金)から通常営業開始となります。

(9月29・30日は準備のためお休み)

ぜひ、立ち寄ってみてください。

 


小次郎 紀乃寿司

廿日市市宮園 九丁目2-11

11:30〜15:00、17:00〜21:00(L.O.20:30)

毎週水曜・第3日曜定休

TEL 0829-52-1067


 


クイズに答えて、クオカードをもらっちゃおう。

今月のマガジンの中からクイズが出題されています。

早速チェックして答えを送ってください!

トータテマガジンクイズに答えて、クオカードをもらっちゃおう!回答はこちらから!

ちなみに先月のクイズの答え、

住まいのトータテスポンサードゲーム9月「23」日でした!

正解および当選された皆様には、クオカードを送らせていただきました。おめでとうございます!