MENU

INTERVIEW社員インタビュー

子育ても仕事も全力投球できる会社で、
一生コーディネーターを続けたい。

トータテリフォームセンター
インテリアコーディネーター
羽根佐依 キャリア入社[2013年7月]
出身=岩国市

仕事と子育てを両立できるのは、
周囲の皆さんの理解と配慮のおかげ。

 トータテリフォームセンターでは、営業、設計、施工など各部署で分業しているため、コーディネーターとして情報伝達をしっかり行うことと打ち合わせの準備を万全に行うことを心がけています。特に設計と施工の橋渡しはコーディネーターの大切な仕事。リフォームの場合はその重要性は高まります。現場のの状況や、現状の把握をしっかり確認することを入社当初から大切にしていたので、細かいことを気にするコーディネーターだと思われていたかもしれません(笑)。
 一方、無駄な作業をなくす工夫も大切と考え、仕事の効率化も追求しています。私は2児の母親でもあり、時間の有効活用は子育てと仕事の両立に欠かせません。終業時間は子どものお迎えに間に合うよう配慮していただき、夜の打ち合わせを希望されるお客様については、私が下準備を行って打ち合わせは代わってもらうなど、社員の皆さんにも大いに助けてもらっています。私のように子育て中の女性が多く働いているのは、このようなありがたい職場環境が整っているからだと思いますね。

信頼の厚いコーディネーターになり、
中古住宅市場の活性化にも貢献したい。

 ご相談があったお客様と初めてお会いしたときに、「コーディネーターとして、この人に任せれば間違いない!」と感じていただけるようになりたいですね。そうして、お客様ご自身でも気づいていない潜在的な要望までも引き出し、それをより快適な形にできるようにするのが私の目標です。リフォームは家事や子育てを担う奥様が主体となって進めることが多く、同じような立場にある私の実体験を踏まえたご提案をしています。そうやって私たちがリフォームさせていただいた後、お客様に「今日も早く家に帰って過ごそう」「そういえば休日は家で過ごすことが多くなったな」と感じていただけたらと思っています。
 私がもう一つ思い描いているのが、中古住宅市場の活性化に貢献すること。広島市内ではここ数年、都心回帰の流れもあって中古マンションの価格が上昇傾向にあります。社会問題になっている空き家も多く、「中古住宅市場を活発にできるといいな」と考えていたところ、2017年3月にトータテリフォームセンターに中古物件を買い取ってリフォームを行う部署が誕生しました。この部署と連携を取りながら、コーディネーターの立場から中古住宅市場の活性化に貢献していく。こんなにやりがいある仕事を、私は一生続けていきたいなと思っています。

羽根佐依のキャリアステップ

前職はインテリアメーカーにて、インテリアコーディネートを行うショールームスタッフを経験し、営業職へ。結婚・出産後は、インテリアコーディネーター養成講座の臨時講師や工務店で新築住宅のプランニング及びCAD製図を経験。2013年にトータテリフォームセンターに入社し、インテリアコーディネート業務と設計業務に就く。現在はインテリアコーディネーターとしての仕事に専念。

一日のスケジュール

8:50
出社、清掃
9:00
朝礼
9:10
メールチェック・返信、打ち合わせ準備
10:00
キッチンメーカーのショールームへ移動し、お客様をご案内
12:00
リフォーム新聞に目を通しながら昼休み
13:00
お客様宅に伺い、床材・壁紙選定の打ち合わせ
15:00
カーテンのショールームへ移動し、生地選び
17:00
近くの工事現場に立ち寄り、壁紙の施工状況の確認
17:30
事務処理
18:00
退社
子育てと仕事を両立している羽根さん。
「トータテが女性既婚者にとって働きやすい職場になっているのは、
男性社員が家庭的で子どもの学校行事に率先して参加する人が多いからかもしれないですね」。

RECRUITING採用情報

トータテにとって働く社員は仲間であり、家族のような存在。
安心してチャレンジすることができるような社内風土を整え、
一人一人の成長を全力で後押ししています。