MENU

INTERVIEW社員インタビュー

まだまだ未熟。でもお客様の言葉を胸に、
不動産営業のプロをめざしたい。

トータテ住宅販売(流通事業部) 販売営業職 檜垣 将 新卒入社[2014年4月]
出身=呉市

野球も営業もチームプレーが大切。
トータルサポートでお客様に安心感を。

 小さい頃から大学時代まで、ずっと野球に熱中していました。そんな野球一筋の私ですが、将来を思い描いていたのは「人と接する仕事がしたい」という思い。不動産・住宅業界に興味があったので、宅地建物取引士の資格を、就職活動を始める前に勉強して取得しました。そうして参加したトータテの会社説明会。そこで出会った先輩社員たちとお話ししていると、「本当に楽しそうに働いている」という印象で、私もぜひ入社したいと思いました。
 現在は、不動産売買において売主様と買主様を仲介する仕事をしています。家を購入するまでにはいくつものステップがあり、私がお客様に分かりやすく正確な説明をしなければならないことを実感。不動産用語を分かりやすい言葉で説明するのも大切です。すべてが勉強の毎日ですが、「お客様に何ができるだろう」と常に現状に満足せず仕事をすることを心がけています。
 また、トータテ住宅販売では、営業所単位で営業活動を行っている点も他社にはない魅力だと思います。チーム営業制で、チーム全員で目標達成する仕組みです。成果に対する評価も正当に行われるので安心して営業活動に専念することができます。

的確な提案ができる営業マンをめざし、
お客様の言葉を励みに奮闘する毎日。

 不動産売買の仕事においてはさまざまなケースがあり、そのときに応じた対応力も求められます。私はまだまだ経験が浅く、十分な対応力が備わっているとはいえません。それでも、お客様からお引き渡し後にいただく「ありがとう」の言葉はとてもうれしいもので、「檜垣さんだから買ったんですよ」と言われたことが今も心に深く残っています。こうしたお客様からの言葉は、次の仕事への大きなモチベーションアップにもつながっています。
 いろいろな仕事に追われる毎日を過ごしていますが、そんな中にあっても不動産営業のプロとしてのスキルを身につけることを目標に努力しています。経験を積み重ねながら、先輩方から多くの教えをいただいていますが、数字として結果が残せるのはお客様への提案力が高いからこそ。お客様のニーズを正しくとらえ、それを踏まえた的確な提案ができるようになるため、現在奮闘中です。いずれ私もしっかりと結果を出せるよう、自分の力を着実に伸ばしていきたいと思っています。

檜垣 将のキャリアステップ

2014年
トータテ住宅販売に入社。流通事業部に配属され、不動産売買における仲介営業を担当。不動産を売りたい人と買いたい人の仲介役を担っている。

一日のスケジュール

9:00
会社内や周囲の清掃
9:30
朝礼
10:00
物件回り 管理する不動産を20ヶ所程度回り、現場が汚れていないか、異常がないかなどをチェック。
販促のため現場に立てている幟が破れたり汚れたりしていれば交換を行うことも。
13:00
昼休み
14:00
事務処理 金融機関へ提出するローン申請の関係書類作成、司法書士に対する移転登記の依頼など。
17:30
お客様宅を訪問
18:00
電話業務 物件紹介、不動産売買を検討中のお客様から返事をいただく。
19:00
退社
スポーツマンらしい爽やかな印象の檜垣さん。
学生時代は野球に情熱を注ぎ、厳しい練習に耐えた経験による
メンタルの強さが仕事に生きているという。

RECRUITING採用情報

トータテにとって働く社員は仲間であり、家族のような存在。
安心してチャレンジすることができるような社内風土を整え、
一人一人の成長を全力で後押ししています。