MENU

INTERVIEW社員インタビュー

貴重な経験から始まった営業社員の道。
感動を忘れず、新たな仕事に挑む。

トータテ住宅販売(マンション事業部)
販売営業職
矢代清一郎 新卒入社[2013年4月]
出身=広島市

魅力感じたチーム制の営業スタイル。
新人時代に得た信頼が仕事の励みに。

 私はトータテグループの会社説明会でマンション販売に興味をもちました。一般の営業職とは異なり、1棟のマンション完売に向けて数人が協力しあい、ときには励まし合いながら販売していく「チーム制」に魅力を感じたからです。社風が良く、グループ各社の連携がうまく取れる体制が整っていて、さまざまなアイデアが生まれやすい土壌であることも大きな強みだと思います。
 さまざまなお客様と接する営業職ですが、研修中だった新人当時のエピソードが今も忘れられません。結婚を控えたカップルが来場され、私が担当する物件を購入する方向で話が進みました。しかし、それぞれの親御さんが難色を示し、一緒にご来場。親御さんの思いや不安に感じることを伺いましたが、未熟な私は気の利いたお返事もできず、購入予定は保留に。しかし数日後、お二人から親御さんの了解を得て購入したいとの返答が! 契約時に理由を聞いたところ、私の一生懸命に答える姿や、お二人の気持ちを考えた上での提案をお褒めいただき、大変感激しました。この時が、営業として初めてお客様から信頼を得られた時だったのかなと、今振り返って思うところです。

未経験の大規模タワーマンション販売
他社の販売スタッフの方々からもどん欲に学びたい。

 私が入社した当時、広島に密着した不動産企業でタワーマンションといった大規模の新築マンションを手がけた会社はトータテ以外になく、私は誇らしく感じていました。この度、中四国九州エリアで最高階数となる53階建、高さ178mを誇る大規模免震タワーマンションの販売を担当することになり、それを聞いた瞬間「よし!」と心の中でガッツポーズしたほどうれしかったです。特殊な現場であり、全国規模の大手デベロッパーと協力して一緒に仕事をするのは初めての経験。販売の方法もおそらく違うと思うので、刺激を受けたり勉強になるはずです。来春からの販売に向けて、今は興味のある方に向けた週末の説明会を開いたり、必要な資料の作成など、販売の準備を整えている段階。今までのマンションとは価格帯やお客様の内容も違ってくるので、心を引き締めて営業活動に臨みたいと思っています。
 今後の目標は、仕事をどんどん任せてもらえたり、多くの方に頼ってもらえるような人間になること。新しい仕事も始まり、今まで以上に営業としての経験を積み重ねていくことで自分自身を成長させ、いずれは現場長として担当物件を任せてもらえるような頼もしい人間になりたいですね。

矢代清一郎のキャリアステップ

2013年
トータテ住宅販売入社。マンション事業部で新築マンションの営業を担当。モデルルームでのお客様のご案内に始まり、資金面のご相談、物件の契約手続き、住宅ローン手続き、内装のカラーやオプションの打ち合わせ、お引き渡しまでが一連の仕事。

一日のスケジュール

9:15
出社、メールチェック及び一日のスケジュールの確認・段取り
9:45
販売スタッフ全員で朝礼、その日の業務確認・連絡事項の伝達
10:00
接客 初来場のお客様に物件の説明、モデルルームの見学案内、資金相談など、
来場客の希望に沿ってご提案。
12:00
昼休み
13:00
住宅ローン手続き 契約者の住宅ローン申し込み手続き。
借入額や資金内容の確認を行いながら進めていく。
16:00
カラー・オプション打ち合わせ 購入した部屋の内装に関する打ち合わせを数回に渡って実施。
希望を聞き取り、内容を整理して建設会社に施工を依頼。
18:00
事務作業、電話応対 書類整理や明日以降必要な書類の作成・準備、お客様への電話をかけていく。
19:30
デスク周りの整理整頓と掃除をして退社
「なぜこの場所に?」「なぜ今のタイミングで?」
など、マンション購入希望のお客様に対して細かくヒアリングをすることで、
より満足度の高い提案を行っている。

RECRUITING採用情報

トータテにとって働く社員は仲間であり、家族のような存在。
安心してチャレンジすることができるような社内風土を整え、
一人一人の成長を全力で後押ししています。