MENU

CROSSTALKクロストーク

「若手のやりたいこと、挑戦したいことをバックアップする!」という社風に惹かれ、
入社を決めた2015年入社組の中から、今回は3人の社員に語り合ってもらいました。
トータテの仕事のおもしろさ、トータテで働いているから実現できた挑戦とは?
グループや部署が違えども、同期だからこそ話せた生の声をお届けします!

Takuya Hosoi

2015年新卒入社細井拓也

トータテハウジング
建築本部工事部/施工管理

分譲住宅の施工現場で、「品質」「コスト」「納期」などの工程管理と安全管理を担当。現場監督として、お客様が思い描くプランを実際にカタチにする仕事を行っている。

Misa Ikunaka

2015年新卒入社生中美沙

トータテハウジング
設計部設計室/設計

注文住宅の設計を担当。お客様の家づくりのご要望をもとにゼロから家のプランニングを手掛けている。カープファンにはたまらない、話題の企画住宅「スタジアムハウス」の設計を担当した。

Junpei Osato

2015年新卒入社大里隼平

トータテ都市開発
事業企画部/企画職

分譲住宅用地の取得、企画・開発を担当。完成する街並みを視野に入れて建物や道路のデザインを決めていき、街づくりを計画。建築工事と販売までをプロデュースする仕事に取り組んでいる。

改めて・・・トータテに入社しようと思った理由は?

大里
自分の子どもの頃の夢は、実は、建築家になることだったんだ。
生中
そうなんだ! 知らなかった。
大里
実はそう。大学では理学部の化学を専攻していたけど、就職を考える時期になったときに、「やっぱり自分は建築関係の会社で、図面を書くような仕事をしたい」という心の声が聞こえてきて(笑)。中でもトータテ都市開発は、戸建て住宅やマンションの企画・開発ができる・・・。これは他社にはない仕事だなあと思って、おもしろそうだなと。あと、地元の広島県内に就職したかったのも理由の一つだったかな。
生中
私は子どもの頃からマンションなどのチラシが家に入ると、その間取りを見るのが大好きで、建築は高校から学びはじめたの。大学の専攻は工学部の建築学科。ゼロから注文住宅を自由設計できる会社を探していて、そこで出会ったのがトータテだった。説明会で人事の方が「若手のやりたいこと、挑戦したいことをバックアップする会社です!」とすごく言われているのがとても印象的だった。
細井
そうそう、自分も思った。「若手のうちから挑戦したいことを応援してくれる社風」がすごく伝わってきた。
生中
そうして自分だったら何ができるかな!? と思い描くうちに、すごくワクワクできた。それに加え、女性社員が活躍できるような取り組みと職場環境であることを聞いて、ますます興味がわいてきた。
細井
僕の場合は、関西の大学で建築を学び、将来は広島に軸足を置いて活躍したいと思ったとき、やはり地元企業であるトータテのことがすぐに思い浮かんだ。「とーとー建てたよ♪」のトータテのCMは小さい頃から見ていたし。

みんな会社・部署が違うけれど、それぞれの仕事のおもしろさは?

全員
これ、聞いてみたいねー(笑)。
大里
トータテ都市開発が手がける分譲事業用地は、一つとして同じ条件の土地がない。だから、その土地の形状と資金計画に合わせて造成の計画を立て、住む人にとって最適な建物のプラン・外構を作っていく。かなり悩むことが多いけど、その考える過程が一番おもしろい。
生中
注文住宅の設計の仕事も、それと似たようなおもしろさがあるよ。お客様ごとに家に求めるものが違っていて、土地やご予算の制約がある中、それに合うプランを作っていく。部屋ごとに壁紙の素材やデザインを変えられたり、注文住宅の自由設計はすごく幅広い。だから、絶対に同じ家にならないのが最高におもしろい!
細井
自分もいずれ、注文住宅の施工管理に挑戦してみたいなあ。これまで自分が担当したのは分譲住宅の施工管理が中心。そこで数多くの物件数を経験してスキルアップしているところ。家づくりのことも結構わかってきたところもあるし、入社3年目なので、そろそろ注文住宅の現場も見てみたい。トータテで施工管理の仕事をするおもしろみは、分譲住宅と注文住宅の両方が経験できるところだと思うよ。
生中
ただ、注文住宅の施工管理となると、現場ごとに仕様がすべて違っているから、もっと経験しないと難しいかもね。
細井
そう。だから早く成長できるように、施工管理の現場の数を増やすことに挑戦しているんだよね。「もっと僕に現場ください!」って上司に言ってる。「現場、遠くてもいいっすから」って。バンバン仕事をやって、成長したいからね(笑)
生中
なんかカッコイイね。
細井
そう、カッコイイでしょ(笑)。いまは1ヵ月に4~6棟ぐらいの多くの現場を担当して、工程や安全の管理、資材の発注、そして構造の基礎図面を書くのも仕事。現場が多くなった分、計画力がついたというか。1週間の予定をしっかりと決めて、効率よく、いい仕事ができるようになったかな。
大里
それ、自分もよくわかる。数多くの現場を担当することは大変だけど、納期に間に合わせるために段取り良く工夫する力がついてくる。工事ごとの発注のタイミングの取り方や、職人さんたちとの関わり方など、仕事の段取りは大事だよね。

若いうちから、男女関係なく挑戦できる会社?

生中
これは本当に実感。入社2年目の秋に、広島カープ戦のスタジアムの臨場感をテーマにした企画住宅「スタジアムハウス」に携わることができたから。トータテ都市開発が事業主になり、トータテで働くカープ女子が中心になって進めていったプロジェクト。「設計をやってみる?」と聞かれて、すぐに「はい、やりたいです!」と答えた。すごく胸がはずんだことをいまも覚えている。
大里
これはグループ全体で注目されていたプロジェクトだよね。これはいままでにない試みだから、逐一、トータテ都市開発では、企画の進み具合が知らされていたよ。それにしても、カープファンにはたまらない家だよね!
生中
設計は私で、インテリアコーディネーターとプランナーも女性。みんなも大のカープファン。3人で話し合って、「何、この家って!?」と良い意味でびっくりしてもらえるようなそんな楽しい家にしたいね、となって・・・。グループ内のカープ女性たちのみんなにも意見を聞いて、企画を工夫を重ねていったのよ。
細井
「1979 V1」とカープが歴代優勝した年がデザインされた階段(通称・勝利の階段)、これすごいね。どうやって作ったの? 施工管理の仕事をする人間としてはそこが気になる(笑)
生中
これ、もちろん特注階段。そのほか、家のいろいろな部分にこだわったの。家が完成したとき、トータテの社内に人が大勢見学に来てくれたけど、「さりげない工夫がいいね。女性じゃないと考えつかないよ」と褒めてもらえた。たとえば、1階入り口にバッターボックスを作ったり、テーブルカウンターの足にバットを使ったり(しかも、広島カープの新井貴浩選手の直筆サイン入り!)。女性目線が生かされたのが良かったよう。
大里
しかし、入社2年目でチャンスをもらってすごいよね。失敗とか怖くなかった?
生中
全然。チャンスだと思った。失敗を考えるよりも、「どんな家にしよう」ってワクワクばかりしてた。
まあ失敗といっても、自分の上司やトータテ都市開発の人たちとか、トータテグループ全社のみなさんがついているし(笑)。
大里
「チャンスがきたらやってみろ!」と背中を押してくれる雰囲気は、確かにトータテにはあるね。
生中
上司や先輩は相談にのってくれるし、グループ各社に同期がいるから、それぞれの専門的なことが相談しやすいのがいい。スタジアムハウスのプランニングも安心して取り組めたの。

トータテのグループ各社が連携することについては?

大里
さっきの話もそうだけど、グループ各社が連携できるのがいいところだよね。それぞれの専門領域を持ちながらも自社の強みを発揮して連携する。トータテ都市開発で言えば、戸建ての分譲住宅や分譲マンションの開発を専門に取り組んでいるから、その分野はめっぽう強い。でも、その後の設計や施工、販売、マンション管理など、はグループ会社と連携して取り組んでいく、そんな感じかなあ。
細井
トータテ都市開発が事業主として全体の企画をして、トータテハウジングは企画・施工管理として関わる。そして、販売はトータテ住宅販売が行う。それぞれが専門で取り組んでいる分、安心して任せられるのがいいね。

トータテは、広島の街づくりに貢献できているのだろうか?

生中
それにしても、トータテが販売している物件の前に掲げている「TOTATE」の文字が入った黄色い旗を、街のいたるところで見るよね。こんなにも多くの人たちの住まいに役立っているんだと実感が湧いてくる。
細井
自分もそう。着工するとき、近隣の人たちにあいさつ回りする際、「トータテさんは、いろんなところでよく家を建てているね」と言われる。トータテは地元を中心に貢献しようとする会社だけど、それができているんだなと実感するよ。
大里
分譲住宅や分譲マンションを通した街づくり、心地よい住まいを供給しているという点では大いに広島の街づくりに貢献しているよね。
細井
トータテハウジングでは毎年、年間約600棟の戸建て住宅を施工している。実績がスゴイんだ!

トータテの女性社員の活躍について感じていることは?

生中
現在進行中の企画住宅が「女性視点の家づくり」。社内の女性社員の意見もプランに反映し、実際にモデルハウスとして企画しているところ。
大里
それ、会社の垣根を越えて、グループ内の女性社員が集まって計画してるんだよね。
細井
不動産や建築と聞くと、「男性的な仕事じゃないか」と僕自身もこの会社に入るまでは少し思っていたけれど、トータテグループには女性の専門職の社員が多いよね。
大里
たぶん、これから先は一つのプロジェクトとして女性活躍の場をわざわざ提供するのではなく、ごく当たり前に女性が活躍する職場になると思うよ。

最後に、これからの夢や目標を教えて!

大里
トータテ都市開発は、広島市中区千田町の広大跡地に「ひろしまガーデンガーデン」や広島市中区白島で「広島ガーデンシティ白島城北」といった、その街のランドマークになるようなビッグプロジェクトを成功させてきたよね。将来、自分もそんなビッグプロジェクトに携われるようになることが大きな目標なんだ。
生中
女性目線が生かせる設計士に早くなりたい。一人前の設計士になるのに5年かかると言われていて、自分はあと2年後にどんな設計士になっているかが楽しみ。先輩社員の中には、家を建てて満足されたお客様からの紹介で、指名されている人がいるの。私も「この人に設計してもらいたい」と指名してもらえるような設計士になりたいな。
細井
自分は、まずは注文住宅の施工管理も任せられるようになること。そして生中さんと同じで、やっぱり先輩の中で指名される人が多いんだけど、「ぜひ、細井に現場を任せたい」と自分も指名してもらえるような社員になりたい。
生中
指名ってカッコイイよね。
大里
僕たち入社して3年目だけど、「トータテの未来を背負っていくんだ」という自覚を持って、がんばっていこうよ!
全員
よし! みんなでがんばろー!

※このクロストークは、2017年10月に実施されたものです。

RECRUITING採用情報

トータテにとって働く社員は仲間であり、家族のような存在。
安心してチャレンジすることができるような社内風土を整え、
一人一人の成長を全力で後押ししています。